がんばりすぎない介護

いつ終わるともいえない長い道のりですから。

一人で抱え込まないで、そしてがんばりすぎないで。

「親の介護しているが、兄弟もいないし相談できる相手がいない。」
「主人の介護で、疲れきってしまった。明日のことを考えると不安になる。」
「親の介護で、夫や子供に手がまわらない。」
このように介護に関する悩みは絶えません。

家族の介護で無理を続けて自分や他の家族がつらい思いをしていませんか。
がんばり過ぎはストレスのもと。ストレスが溜まると、つい難しいことを言ってしまったり、表情に出たりと、介護する側の関係を悪くしてしまいがち。それがまた、次のストレスのもとになってしまうんですね。

家族や周囲の協力を得ながら、また、介護関連のサービスを利用するなどして、少しでもご自身の負担を減らせるよう、検討してみてはいかがでしょう。

介護保険サービスの利用について

 介護保険のサービスで思いつくものとはどんなものがあるでしょうか? 団らん.jpg

 ヘルパーさんが手伝いにきてくれる等が主でしょうか?しかしながら詳しくは分からず漠然としたものだと思います。
 世間での認知度はまだまだ低く「どうしたら利用できるのか?」や「利用料金はどれくらいなのか?」と疑問点はたくさんあると思います。
 私も介護関係の職に就かなければ何も分からず相談する場所やこのような制度自体を知らなかったのではないかと思います。インターネットの普及により情報は集まりやすくなっていますが実際に利用するとなると抵抗を感じられると思います。
 サービスの利用には申請などが必要となりますが市の介護保険課や地域包括支援センター等で相談して頂くのが一般的です。相談については当事業所のようなケアプランセンターに介護支援専門員が配置されていますのでお気軽に相談いただければサービス利用までの手続きや利用料金などの疑問点にお答えさせて頂きます。

 もちろん申請代行を含めて相談は無料となっていますのでお気軽にお申し付け下さい。