端午の節句

4月の作品

春の桜と富士山をイメージした作品です。

富士山に空から桜の花びらが舞う

幻想的な風景の作品です。

 

タンチョウ達も春の訪れを喜んでいます。

4月壁画.jpg

兜飾りを飾りました!!

あすなるでは、兜飾りを飾っています!! 

あすなるの「守り神」として、あすなるが立派に成長

するのを見守ってくれると思います。

 

お近くを立ち寄りの際には、是非見に来て下さい。

 

兜飾り.jpg

春よ恋

「灯りをつけましょ雪洞に〜♪」

「お花をあげましょ桃のはな〜♪」

今月はずいぶん遅くなりましたが。。。。

桃の節句ということで

今月の壁画は

な・な・なんと

雛人形 7段飾り〜。   w( ̄o ̄)w オオー!

 

明かりをつけましょ.JPG
というのは冗談ですが。あはは
立派なお雛様ですね〜。さすがは「秀月さん」

 

お水取りが終わらなければ、春は来ない」
昔の人はよく言ったものです。

東大寺二月堂で行われる修二会(しゅにえ)という
伝統的な法要があり、行中の3月12日深夜に、
若狭井という井戸から観音さまにお供えする「お香水」
を汲み上げる儀式が行われます。これを「お水取り」
というのですが、一般的には「修二会」の事を「お水取り」
と言っています。

説明が長くなりましたが。。。

このお水取りが終わっても、「私には」なかなか春は
やってきません。

ということで。

春よこい.jpg
招き猫2匹に春を呼んでもらいました。
春は出会い(デアイ→デァイ→デイ→デイサービス)の季節
ちょっと無理があるかも。。

春よ恋(来い)

 

編集後記  あっちゃんに「春」はやってくるのでしょうか。。。。。

陰謀説??

「鬼は〜外 福は〜内」

みなさんこんにちわ!!
鬼は外.jpg

今日は節分です。明日香(あすか)と成人(なると)も一緒に豆まきです。
あたしの友達の「鬼頭さん」ちでは「鬼は〜内、福も〜内」だそうです。

鬼の面.jpg

ところで皆さんは「恵方巻」を食べましたか?
恵方(今年は北北西)を向いて太巻きを丸かぶり。
食べ終わるまで、しゃべっちゃだめなんですよね。
この恵方巻きを食べる風習は大阪が発祥なんですって。

この風習、実は戦後に一旦すたれてしまったらしんですが
大阪の海苔卸問屋協同組合が販売促進策として、大々的に宣伝をして
復活したそうです。

行事ごとに何かを食べる慣わしには、業界団体の陰謀が潜んでいるのです。

ちなみに、2月14日のバレンタインデーもお菓子業界の陰謀だそうです。

あけまして

「新年、明けましておめでとうございます」

  「本年もどうぞよろしくお願いします」

新年冨士.jpg

今年も家の近くにある神社に初詣に行って来ました。
そこでいつものように「おみくじ」を引いたんですが

なんと「凶」が出てしまいました。
「待ち人・・・・来ず」(T_T)

がっかりしていると

「後は良くなるばかりだよ」
「凶が出る確率はすごく低いから逆に運がいいよ」

って言って、みんな一生懸命励ましてくれました。
早速、嬉しい気持ちになりました \(^▽^)/
みんな〜 ありがとう

その後、絵馬に今年の抱負を書いて奉納しました。

新年龍.jpg

よーく見ると龍のうろこが折鶴になっています。毎度芸が細かいですね

それでは。。

みなさんにとっても、あすなるにとっても、すばらしい一年になることを祈念して

新年のご挨拶とさせていただきます。

そうそう。お年玉いっぱいもらいましたよ。超ラッキー (≧▽≦)

12月といえば

みなさんこんにちわ〜!!

とうとうやってきましたこの季節。私はなんだかそわそわします。
今年のクリスマスプレゼントはなんだろう?ケーキは?
お年玉はいくらもらえるのかな?
はぁ〜!!楽しみだな!!

m'xmas1.JPG

ところで皆さんは「12月」といえば、どんなイメージですか?? 

「あすなる」のスタッフにインタビューしてみました。

「大掃除が大変。だれも手伝ってくれない(≧ヘ≦) ムゥ」

「子供が冬休みで家にいるので、用事が増えて大変」

「クリスマスにお年玉に出費が増えて大変」

「なんだか気忙しい」

なんと、楽しみにしているのは子供だけなんですね
寂しい限りです。
今年は大掃除のお手伝いをやります。

 

さぁ。今年も日本に向けてサンタクロースが出発したとの情報が入りました。
現地の映像が届いています。

m'xmas2.JPG

フィンランドから北極を通って日本まで約7,500キロの道のりです。
そりに乗って10日もかかるんですね。
寒い中ご苦労様です。

今年1年皆様には色々とお世話になりありがとうございました。
来年も「あすなる」をどうぞよろしくお願いします。

それでは、よいお年をお迎えください。